(声)

静けさが在る

静けさの中に(声)が潜んでいる

夜に生まれる露のように

(声)は満ちてゆく

(声)は存在の証ではなく

静かな(影)でしかない

(声)の彼方に(時)が待っている

無数の(声)を待つ無数の(時)が

耳を澄ませて待っている

ふいにまたひとつ(声)が立ち昇り

夜明けに吹く風の速さで野を渡ってゆく

ここに(声)が放たれたまま浮かんでいる

まるで(声)であることを恥じるように

(声)のままにそこに在る

すると風のように(時)がやってきて

(声)を連れ去っていった

誰にも届かなかった(声)を知る者はいない


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 Wix.comを使って作成されました

RSS Feed
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic